太陽光発電を導入する前に

太陽光発電が一躍話題となり、全国的に人気が急上昇したことから悪徳業者の数も増えてきました。
特に訪問販売の業者に詐欺行為をしている業者が多くなっていますのでご注意ください。太陽光発電を導入することで可能な発電量というのは、今現在あなたが住んでいる地域や屋根の角度、方位などで違いがあります。
なので明快な発電量に関する全ての情報を収集するためには、かなりの手間がかかってしまうものとなります。太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。 太陽光発電を検討しているのでしたら、大切なのは太陽光発電の知識を頭に入れておくということです。
どのようなメリットがあるのか?そしてどのようなデメリットがあるのかをきちんと理解をしておくようにしてください。もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。



太陽光発電を導入する前にブログ:2019年08月14日

一週間前、久しぶりに箪笥の上に置いてある
お父さんの写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
あたしは手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真のお父さんは笑っている。

若いころのあたしは、
お父さんとは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。 
でも、今は笑っているお父さんの顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
お父さんの顔が見えなくなった。 
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

あたしには母にもお兄ちゃんにも言っていない、
お父さんからの手紙がある。
家を離れて仕事のためフィリピンに行っていた一年の間に
お父さんが書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。 
無性にお父さんの字が見たくなった。 
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。 
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、あたしは字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれたお父さんからの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

母のこと、孫のこと、
お兄ちゃんのこと、お兄ちゃんの妻のこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「肉体に気をつけるように」と結んである。

嫌いなお父さんからの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

あたしにとってお父さんとは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
お父さんが亡くなってからのことだった。

ホーム サイトマップ