疑問の工事単価について

全国的に太陽光発電の設置を推進しようと国や自治体では補助金や助成金などの実施を展開しています。
これらの制度を利用することによって、通常価格よりも安価で太陽光発電を設置することが出来ます。一般的な家庭で使用可能となる太陽光発電システムが設置され始めた1990年代初頭には、1kw約200万円と非常に高価なものでなかなか手を出すことが出来ませんでした。
しかし現在におきましては1kw65万円〜67万円程度にまで下がり当初の半分以下となったのです。太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電の導入をこれから検討しようと考えている人は、それを目安として工事単価を知っておくと良いでしょう。 これから思い切って太陽光発電の導入を考えているのでしたら、まずは費用面について計算をしてみましょう。
全て持ち出しだけではなく、助成金などを利用することで意外と設置をすることが出来るかもしれませんよ。
住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まず最初は太陽光発電の設置業者に問い合わせをしたり、太陽光発電の比較サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。



疑問の工事単価についてブログ:2019年05月13日

厳しさとやんちゃさを兼ね備えたパパ、
そして、穏やかな、どこかお茶目な母親の元で
俺は育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
パパのお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことを息子に残したかったパパ。
パパの教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
食事1食につき、ライスを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ライスをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ライスを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になるパパ。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時の俺には、怒られていることに気をとられて、
パパの思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

パパは、俺たち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
俺たちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

パパも母親も戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にライスを食べさせることが家族の幸せであり、
パパにとって意味あることだったのですね。


ホーム サイトマップ