節電効果が高い太陽光発電

一昔前に太陽光発電と聞きますと、ある程度裕福なご家庭のみ導入することの出来る高価なシステムでした。
しかし今では補助金制度が実施されており、一般家庭でも安易に導入をすることが出来るのです。太陽光発電を全国的に普及させるという政策から現在では固定価格買取制度が打ち出されています。
これからの状況によっては風力発電などといった自然のエネルギーを含む全量買取制度というものも実施されるかもしれません。近年2010年度から始まった補助金制度の内容によりますと、補助金額がシステム1kw当たりに7万円となります。
そして太陽光発電の価格が1kw当たり65万円と少し前とは比べ物にならないほど安くなっているのです。 もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。
太陽光発電の設置価格につきましては1kw当たり70万円とされていますが、これには注意をする必要があります。
機種や導入をする規模によって、65万円以内で設置をすることが難しくなってしまうケースもあるのでご注意ください。



節電効果が高い太陽光発電ブログ:2019年06月21日

シェイプアップ中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
身体の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

身体の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は身体の中心部に集まります。
逆に活動中は、身体の先端の方に多く分布します。

つまり、午前中起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る足や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が足の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って足に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

身体の水分量や分布が一番安定しているのは、
よるの入浴から2時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
毎日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
一週間ほど前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、運動の前後なのか、食事の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両足の膝やももがくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。


ホーム サイトマップ