問題点がある太陽光発電

太陽光発電と聞いて多くの人が一部の限られたお金持ちの家庭で導入をしていると思っていることでしょう。
しかし最近では国や自治体からの補助金制度によってある程度まとまったお金で導入することが出来るようになったのです。最近注目されている太陽光発電にもまだまだいくつかの問題点があると言えます。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。太陽光発電は初期費用がまだ高いという事実は、設置を考えてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。 日本という国は非常に小さな島国なのですが、原子力発電所の数は世界でも有数の保持国となっています。
この現状を見直すためにはやはり多くのご家庭で太陽光発電を導入することが最も賢い方法なのです。太陽光発電は発電量が足りない時や夜間はいつも利用をしている電力会社から電気を購入する必要があります。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。



問題点がある太陽光発電ブログ:2019年04月19日

排便は習慣性を持つものである。

ママは10時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
お子様はそうではない。

お子様には10時にウンチをすることを
ママが習慣づけてあげるからこそ、
10時の排便ができるようになるのである。

ママがお子様に10時の排便を習慣づけないと、
お子様は10時の排便が難しくなる。

午前中の身体は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
身体内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

身体内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
お子様の免疫力は低くなってしまう…

それで
お子様はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

お子様が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらずご飯をさせていては、
お子様はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしているお子様のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘のお子様に限って
お子様らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

おれは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
お子様が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎10時、
お子様には排便を行わせ、
病気とは無縁の身体にしてしまおう!


ホーム サイトマップ